ソフトウェア

【After Effects】動画が途中までしか読み込まれない時の対処法

スポンサーリンク

先日、AEにて動画編集を行っていた際、↓のようなエラーに出くわしました。

この時は、↑記事にあるような対処法で問題ないかと思ったのですが、作業を進めていくうちに動画が最後まで読み込まれていない事に気がつきました。(20分程の尺の動画が19分辺りで途切れていた。)

元の動画を確認したところ正常に再生されるのですが、どうやらAEに読み込んだ際に問題の箇所(途切れていた箇所)で、なんらかの原因によりフレームレートがブレていて、そのせいで前述の「オーバーフロー比分母変換」エラーが発生していたのだと解釈しました。

対処法

フレームレートを固定するため、一度他のソフトを使い、編集せずにエンコードします。

今回は「HandBrake」というソフトを使用しました。

↑フレームレートを元の動画と近しい値(ここでは30fps)に固定し、できるだけこの段階のエンコードで劣化しないように高画質設定でエンコードしてください。(Qualityの項目等で調整)

「HandBrake」の使い方は割愛しますが、フレームレートを固定して一度書き出しを行う事でAE上には正しく読み込まれると思います。

以上、備忘録ですが、ここにたどり着いた方の何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-ソフトウェア
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【After Effects】「オーバーフロー比分母変換」エラーの直し方

スポンサーリンク オーバーフロー比分母変換 Adobe After Effects(AE)で、 動画を読み込んだ際起きたエラー↓ どうやら長めの動画を読んだ時や、タイムラインをタイムリマップなどで縮小 …